首イボを病院ではなく自分でケアをするには

目立つ首イボのケアについて

首に小さなイボができて、困っている人は少なくありません。イボには、ウイルスによって生じるものと良性の腫瘍があり、30代以降に首にできるイボは、老化によるイボであることが多いです。紫外線や衣服の摩擦によって肌が刺激を受けると、老化が進んでしまいます。老化が進むと、細胞が増殖し、肌が盛り上がることがあるのです。加齢によってイボが増えるのは、ダメージを受けやすくなることも原因のひとつです。

ただ、首のイボは、老化だけでなく体質によってできやすい人もいるので、10代や20代でできる人もいます。良性の腫瘍の場合、心配はありませんが、女性の場合、首イボは目立つので早く取ってしまいたいと皮膚科クリニックへ行く人も多いです。皮膚科クリニックでは、液体窒素や炭酸ガスレーザーなどでイボを取り除きます。液体窒素による治療は、保険が適用されることが多いので、料金が安く済むケースが多いです。

ただ、色素沈着のリスクや痛みなどのデメリットもあります。炭酸ガスレーザーを使った治療は、炭酸ガスレーザーを患部に照射して取り除く方法で、出血が少なく傷跡が残りにくいというメリットがあります。ただ、治療費は他の治療方法に比べて高めです。

 

首イボを自宅でケアするには

最近は、首イボ用のクリームやジェルが様々なメーカーから販売されています。そのため、自宅で首イボのケアを行う人も少なくありません。首イボ用のクリームやジェルに配合されていることが多い成分のひとつが、杏仁オイルです。杏仁オイルは、アンズの種から杏仁を取り出して抽出した油分です。
杏仁は、昔から生薬として利用されており、デザートで有名な杏仁豆腐の材料にもなります。杏仁オイルは、肌の老化によるイボに効果を発揮します。
肌は老化が進むと乾燥しやすくなります。杏仁オイルは保湿効果が高い雨、肌に潤いを与えてくれるのです。繰り返し杏仁オイルを使ってマッサージしていると、イボが取れる人もいます。ただ、民間療法なので、効果には個人差がりあります。杏仁オイルと同様に、イボの改善に効果が期待できる生薬が、ヨクイニンです。ヨクイニンは、ハトムギの皮を取り除いた種子を使った生薬です。

ヨクイニンは、昔から肌をきれいにする生薬として有名で、美容のために使われてきました。現在でも、ヨクイニンを配合した化粧品や内服薬を使って、イボのケアを行っている女性は多いです。ヨクイニンは、イボだけでなく肌荒れにも効果的なので、多くの女性に支持されているのです。

参考サイトはこちら→もう首イボで悩まない!首イボすっきり除去する7つの方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です